テレフォンセックスは音と声が刺激になる

テレフォンセックスは音と声が刺激になるイメージテレフォンセックスとは音と声を使ったセックスです。
ただテレフォンセックスをした事がないという人ならこんなふうに思うかもしれません。
音と声だけで本当に気持ちよくなれるのか?と。
しかし音が刺激になるという事は何もテレフォンセックスの時に限った話ではありません。
通常のセックスの時だって、恋人の喘ぎ声やいつもより荒い息遣いを聞いたら興奮しませんか?
耳が性感帯だという人も少なくないと思いますが、それは耳が敏感だという事もあると思いますが、そうゆう直接的な刺激だけではなく、耳を舐められた時にキスをする音だったり水っぽい音が刺激を高めるからではないでしょうか?
声フェチなんて人はまさに声を聞くだけで興奮をするわけです。
つまりは普通のセックスだって視覚や触る事での快感が大きいとはいえ、音や声で得られる快感も意識をしないだけで決して少なくないのです。
その証拠に例えばAVを音を消して一度見て下さい。
音を消していても当然画面を見ていればストーリーも分かりますし、視覚として反応すると思いますがいつもほど見ていて興奮しないはずです。
他にも見えてなくても隣の部屋で喘ぎ声やベッドのきしむ音が聞こえてきたらちょっと落ち着かない気分になりますよね。
もちろん音と声だけでは満足出来ないという人もいると思いますし、実際に見る、実際に触る事で興奮が増す事も事実ですが、テレフォンセックスとは音と声だけではなく、音と声に加えて想像をするのです。
相手は今こんな恥ずかしい姿をしていて、もうこんなに濡れているんだろうな・・・と。
そしてその想像に現実味をつける役割として声があり音があるというわけです。
テレフォンセックスはオナニーと変わらないと思っている人もいるかもしれませんが、オナニーでは自分の想像以上の展開になる事はありませんが、テレフォンセックスは相手がどう反応するのか実際にやってみないと分からないため思いもよらない展開になる、自分の想像を超える事があるため一人でするよりもずっと濃厚で楽しく感じる事が出来るのです。
セックスの最中に目隠しをすると見えない分、他の感覚が敏感になり、そのため興奮するという作用があります。
声が漏れると困るからとさるぐつわをすると声が出せない分他の感覚が敏感になりやはり興奮をするという作用があります。
制限があるという事は実は不便なわけではなく、刺激につながると考えるのならテレフォンセックスは制限が大きい分刺激が強いと言えるのではないでしょうか?

テレフォンセックスの相手を見極める

テレフォンセックスをする相手に選ぶ女の子を見極めることは非常に重要です。
選ぶ相手を間違えると楽しくプレイできないだけでなく、のちのちトラブルの原因にもなりかねません。
最も注意が必要なのが、男慣れしていない女の子です。
こういったタイプの女の子は現実生活で男性との接触が少ないこともあり、セックス自体には興味を持っていることも多いのです。
テレフォンセックスの相手を見極めるイメージそれならテレフォンセックスの相手には最適なように思われるかもしれませんが、いざという場合に怖気づいてしまったりやっぱりイヤだと思ったりして、いわゆるドタキャン状態になりがちなのです。
男性としてもテレフォンセックスができなかったという事実だけでなく、嫌な思いしか残らないという羽目になってしまうことも少なくありません。
その逆に、一度プレイしただけで「恋人気取り」となり、「会いたい」とか「デートをしてほしい」などと言い出すケースもあります。
女の子がタイプだったりセックスの相手が欲しい男性ならもってこいかもしれませんが、面倒な状況になることもしばしばです。
では、どのような女の子が好ましいかというと、やはりその気分になっている子やノリのいい女の子といえるでしょう。
そういった子をどうして見つけ出すかというのは初心者にはなかなか難しいのですが、経験を積んでくると会話をしているうちに何となくわかってくるものなのです。
でもそんな自信がないという人や初心者には、出会い系サイトのテレフォンセックス専用サイトで探すのが無難かもしれませんね。